求職者側が求人媒体を選ぶ時のポイント

subpage01

求職者が自分にあった仕事を探すとき、まず最初に求人媒体を選ばなければなりませんが、その際にまず重要なのは自分がどんな職に就きたいかを明確にしておくことです。
これをやっておかないと媒体選びが進まず、時間だけが無駄にすぎてしまいます。
求人媒体を選ぶにあたっては、各媒体の特徴を把握することが重要です。

求人媒体は大きく、紙とWebの2種類に分けることができますが、それぞれに業種や雇用形態に関係なく総合的に求人情報を掲載している媒体や、特定の雇用形態のみの求人を扱う媒体、職種をいくつかに絞って求人を紹介している媒体、エリアを限定して求人情報を取り扱う媒体などが存在しています。
就きたい仕事の内容や、どんな働き方をしたいかが明確になっていれば、自ずと媒体をいくつかに絞り込むことができるでしょう。
また、利用する求人媒体を絞り込む際には、1つに絞らないことが重要です。

求人媒体の専門技術を身につけましょう。

自分が望む働き方ができそうな条件が提示されている求人が、普段利用しているサイトには1件も掲載されておらず、別の求人情報サイトにたくさん載っていることはよくあります。

NAVERまとめに関してわかりやすく説明しております。

もし、媒体を1つに決めてしまうと、効率よく自分が望む条件が示されている求人を見つけにくくなります。



インターネットが普及した現在では、発行される度にコンビニなどに行って手に入れなければならない紙媒体より、Webページ上で求人を探す人が多いでしょう。


しかし、職種やエリア、仕事内容などによっては求人情報誌やフリーペーパーなどの紙媒体を利用した方が便利な場合があります。
職探しをする際は、紙の求人媒体の存在を無視することは禁物といえるでしょう。