用途に合わせた求人媒体選びのコツ

subpage01

人材を採用するためには、求人媒体を利用することになります。
用途に応じて使い分ける必要がありますが、例えば新卒者を採用するためには専用のものがあります。


新卒者用の求人媒体は比較的大きなものが多いので、費用もそれなりに必要となる傾向になります。
それに対して中途採用者を募集する場合には、様々な求人媒体がサービス提供しています。例えばハローワークもそのひとつですが、この場合には広告費用がかからないメリットもあります。


就職活動を続けている意欲ある人材を見つけることができます。


あるいはネットサービスの場合には、サービスに力を入れているので用途と費用に応じて選ぶことが可能です。

例えば成果報酬型の場合、広告費用はかからない上に採用が決まった場合にのみ料金を支払うことになります。

求人媒体について補足説明いたします。

さらに即戦力となる人材を必要とするのであれば、コンシェルジュが対応するようなサービスもあります。

Girls Channelの情報をご提供しています。

必要とする経験やスキルを持っている人材を紹介してくれるので、効率良く人材確保ができます。
料金はそれなりに必要となりますが、会社に貢献できる人材を確保できるのでコストパフォーマンスは高いと言えます。
このように会社が求める人材を募集するためには色んなタイプの求人媒体が用意されています。

その中から適切なものを選ぶことが、会社の利益を増やすことにつながります。



まずはどのような人材を必要とするのか、現状を良く把握した上で明確にすることが大切です。